浮気の証拠を掴む

ひょんなことからパートナーの浮気が自分の知るところとなってしまうことがあります。
たまたま自分以外の異性と歩いていたり、食事を摂っていたりしていたのを目撃してしまった、知人や友人から事実を告げられてしまった、パートナーが自分にいっていた場所とは別の場所に宿泊しているレシート、しかも一人ではなかったことがわかった、携帯電話やパソコンの履歴で知ってしまったなど、浮気をしていることがはっきりとわかったり、限りなく黒に近い情報を目の当たりにしたり、ほかのだれかから伝え聞いたりすると、ショックで怒りや悲しみがこみ上げてくるものでしょう。


すぐにでも相手に問い詰めたい気持ちは理解できますが、ここは難しいかもしれませんがいったん冷静になることをおすすめします。
証拠が全て揃っていればいいのですが、そうでなければパートナーが浮気を認めなかったり、ろくに取り合ってくれなかったりすることがあるからです。


事実関係を認めてもらい、今後のことをしっかりと話し合いたいのであれば、証拠が全部集まるまでは我慢しましょう。
とくに婚姻関係にある場合、離婚を視野に入れた話し合いを進めたいのであれば、訴訟を起こす選択肢もあります。
証拠が不十分だと離婚が成立しなかったり慰謝料の金額にも響いたりしてしまいます。


ただ、しっかりと自分だけで証拠を集めるのは難しいと思う人もいるでしょう。
当サイトでは、証拠集めの心強い協力者や結果が出たあとの行動、離婚へ向けての相談先について解説しますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。